私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

リハビリについて

気付けば8月も残り3日、秋の気配を感じる日々となりました。

 

今年の夏は暑かったですね。

7月は特に、各地域で記録的猛暑となりました。

 

この秋は、暖秋となる見込みだそうです。

適度の運動は健康にいいですが、暑すぎ、寒すぎの中で行うのは、かえって身体に

よくなかったりします。

暖秋、ということで、気温的には運動しやすい季節になることを期待し、

今日はリハビリについて書きたいと思います。

 

リハビリには、

介護保険で行われる、生活リハビリ

健康保険で行われる、回復リハビリ

とがあります。

 

生活リハビリは、日常生活の自立を目指すことが大きな目的で、心身の健全さを高められる

効果を期待することができます。

回復リハビリは、病気やケガなどで機能が損なわれた時に、その生活の質を向上させることが

目的として行われます。保険適用内、ということで、回復リハビリが利用出来るのは、医療保険でその期間が決められています。

 

また、パワーリハビリというものがありますが、これは、老化や障害によって衰えた筋肉からの運動能力低下を防止し、生活の質を高めて自立した生活を送る事を目的として行われます。

 

主にトレーニングマシンを使い、立つ、歩く、座るなどの基本的動作を行う運動プログラムです。普段使っていない筋肉を鍛える、といっても、軽い負荷によって刺激を与えるため、高齢者でも問題なく行うことが出来ます。

 

運動は、自立した生活を行えるようになることで、精神的に生活に意欲が出てきたり、

介護する者の負担を減らすことができたり、とメリットがたくさんあります。

身体を動かす事とで、身体面、孤独感からくる鬱の予防、また、認知症や脳卒中の予防にも

なります。

 

是非、すごしやすい季節に前向きに、身体を動かす事を考えられることをおすすめします。