私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

デイサービスとデイケアの違いって?

介護サービスの中では施設に通うものと、入居をするものと2種類に分かれます。

 

施設に通うものは「通所サービス」と言います。

 

通所サービスには「デイサービス」「デイケア」があります。

どちらかといえば「デイサービス」の方が聞きなれている人の方が多いかと思います。

デイケアをデイサービスと勘違いして呼んでいる人もいるからです。

 

ではその似ている介護サービスの

デイサービスデイケアの違いはなんでしょう?

 

デイサービスは、食事や入浴、機能訓練という日常に特化した介護サービスを受けます。

 

デイケアはまたの名を「通所リハビリテーション」と呼ばれていて、日常的なサービスを受けるよりも、「リハビリを受ける」ために通う事になっています。

 

しかし、デイケアで食事や入浴などのサービスが受けられないかというとそういうわけでなく、受けられる施設もあります。

 

主になっているのが「リハビリテーション」なのが「デイケア」です。

 

では逆に、デイサービスでリハビリが受けられないのかというとそうではありません。

 

リハビリもしっかりと受けられる施設も多く目にします。

 

リハビリを主に通う事を考えている人であれば、デイケアを選ぶ方がいいでしょう。

リハビリ専用の設備が用意されていたり、作業療法士や理学療法士など専門のスタッフがいる事があり、より充実したリハビリを受ける事ができます。

 

デイサービスとデイケアを両方利用したいと思われる方も多いです。

お問合せでは多くいただいています。

 

利用者の介護認定によっては、併用できる可能性もあります。

要介護度が高いほど、多くの介護サービスを受ける事ができます。

要支援の場合は、どちらか一方のサービスの利用しかできません。

 

利用者さんの体や生活の事を考えて希望するデイケアがデイサービスが見つかるように、ケアマネジャーが介護プランを立ててくれるので、まずは相談してみるといいかもしれません。