私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

スロージョギングの効果

以前、よくテレビでやっていた「スロージョギング」って聞いたことがありますか?

 

その名の通り「ゆっくりのジョギング」です。

 

このジョギング、ダイエットとして有名になったのですが、普通のジョギングに比べて、中高年にやさしい、簡単で、効果の期待できるものがたくさんあります。

 

若い子向けというよりは、中高年向けでご紹介できたらと思います。

 

【スロージョギングの効果】

・ウォーキングよりエネルギー消費量が多い

・脂肪が燃焼しやすい

・簡単な運動なので続きやすい

・運動中に血圧があがらない

・膝や腰に負担がかかりにくい

・脳に刺激がいき認知症予防になる

・脳の学習能力があがる

 

スロージョギングをやろうと思った理由に

「膝が悪くて運動ができない」という人もスロージョギングをしているうちによくなって、痩せていくし膝もよくなったという体験談を見たからです。

 

さらに脳への影響がよい意味であることから、認知症予防としても紹介されていたので、なかなか毎日忙しいし、運動は面倒だし、膝こそ悪くて無理だわ、って人は一度スロージョギングは試す価値があります。

 

そして脂肪燃焼効果はジョギングの2倍!

15分同じように運動しても2倍の消費量なので、ダイエット効果としては高いものです。

 

基本、歩く速度でのジョギングなので、みんなでやれば談笑しながら走ることができます。

それも続く秘訣かもしれません。

 

【スロージョギングのやり方】

基本、姿勢のいいつま先で走るやり方です。

 

足の裏の前のほうだけで走ることで刺激があるので、つま先で歩く速度くらいで走るというものです。この時「背筋を伸ばす」のがポイントです。

 

スロージョギングを行う時間は20分から30分でOKです。

しかも続けてというわけでなく、1日で換算して20分から30分するだけで効果が出るというのです…!

 

【スロージョギングの体験談】

・膝が悪い60代の女性は、ずっと膝が悪く歩くのも困難でした。運動をしないので、気づいたら体重は80キロ。何をするにもおっくうです。

スロージョギングを始めて、痩せ始めさらに、笑うことが増えたそうです。

今は半分の40キロになりました。

そしてうれしいことに膝が治ったというのです。

体力もついたので、フルマラソンに参加して、無事完走…!!!!

 

 

・事務をしているサラリーマン。

甘いものが大好きで5年間で20キロ太りました。

健康診断で引っかかるようになり、痩せること、そして健康のためにスロージョギングを開始しました。

すると、甘いものは同じように食べているのに、3か月で10キロやせることに成功!!

しかも時間を作ってではなく、通勤や家でスロージョギングをしていたとのことなんです。

 

 

効果を感じている人が多いのがスロージョギング。

ただ、無理は禁物なので、病気を抱えてらっしゃる方は医師の診断が必要です。