私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

世界一受けたい授業アルツハイマー病予防「リコード法」

先日の土曜日に日本テレビの「世界一受けたい授業」で認知症予防の授業をやっていました。

 

興味深く、見てみました。

 

授業はアルツハイマー病の新治療「リコード法」開発したをデール・ブレデセン先生。

 

初期のアルツハイマー病の9割は治ると先生は言います。

 

アルツハイマーは初期症状の時に見つけることで早く治ります。

そして意外なんですが、アルツハイマーは脳機能の低下より、まず「においの低下」が初期症状です。

においがわかりにくくなってきた…これは少し危険です。

 

【アルツハイマーチェック】

・毎日お酒を飲む

・お腹が張ったり下痢になりやすい

・1日に20本以上タバコを吸う

・つい食べ過ぎてしまう

・虫歯や歯周病がある

・過去に頭を打って失神したり頭の大きなケガをしたことがある

・よくいびきをかく

・最近汗をかきにくくなった

・普段から部屋が散らかっている

・デスクワークが多い

 

当てはまるのが4~の人は要注意です。

また7個以上はアルツハイマー病の予備軍になってしまっているかも。

 

【アルツハイマー治療】

今まではアルツハイマー病は進行を遅らせる事しかできませんでした。

しかし、デール・ブレデセン先生は発生原因が36個あることを突き止め、それを改善することで治療ができるということを発見したのです。

 

それを「リコード法」と呼んでいます。

 

まず、運動はもちろんですが、食事に気を付けること。

夜ごはんを食べてから朝ごはんを食べるまで12時間以上あけることがいいそうです。

脳を飢餓状態にすることで、細胞の中のゴミ、アミロイドベータを掃除してくれます。

そうすることでアルツハイマー病の発症を抑制することができるのです。

 

*食事*

「ブロッコリー・サケ・キノコ」
これらはアミロイドベータの毒素を排出したり
情報伝達をスムーズにしてくれる。

「チーズやキムチなどの発酵食品」
体内菌のバランスを正常化することで、
脳に栄養が行きやすくなる。

「オリーブオイルとアボカドなどの不飽和脂肪酸」
脳の機能を向上させて活性化させる効果がある。

調理方法は焼くのではなく、煮たり蒸したりするとアミロイドβの増加を抑制する効果が期待できます。

*睡眠*

睡眠をしっかりととる

1日7~8時間の睡眠が必要です。
それ以下になると脳へのダメージが蓄積されアルツハイマー病のリスクが高まります。

音楽を聴くなど寝る前に30分間のリラックスタイムを作ると睡眠の質が高くなります。
寝る前のスマホ・パソコンは控えるようにします。

*運動*

有酸素運動の他に行うと良いのが筋トレ。

筋肉量を増やすことでテストステロンというホルモンが作られ、記憶を司るニューロンが活性化し、認知機能のアップが期待できます。

 

12時間以上食事をあけるなど、普段のちょっとしたことを気を付けていくことで半年から1年で治っていく人がほとんどだそうなんです。

すばらしい治療ですよね

まずは、アルツハイマーかどうかのチェックを。