私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

介護における問題「介護の遠距離問題」って?

介護の中で「遠距離介護」という言葉があります。

 

今、65歳以上の高齢者の中で一人暮らしをして介護が必要な人は全体の30%にもなっています。

 

要介護認定にもよりますが、一人暮らしで介護を受ける親というのは心配でしかありません。

親には元気でいてほしいと思うのは子供が親の事を大切に思うからです。

しかし、親のそばにはいれない理由があり、遠距離介護を決めないといけない状況の人も増えています。

仕事の事情や子育ての事情など様々な理由があります。

 

そして子供の事情だけでなく親の理由もあって遠距離介護をする人もいるようです。

高齢者になると、住み慣れた土地から離れるのを嫌がる人は多いです。

子供よりも新しい土地になれるのに時間がかかるといいます。

地域で築いた人間関係や買い物する場所など、生活が変わっていくことが怖くなります。

新しい環境への移り住みは、負担が大きいといえます。

 

そういったこともあり、遠距離介護を覚悟することになりますが、遠距離介護をするにあたって、前もっての準備が必要です。

家族での介護サービスの利用や、金銭の問題、そして今、介護に関するサービスもセキュリティ会社や食事関係なども行っている場合もありますので、調べてみる方がいいでしょう。

 

介護される側も介護する側も、なるばく負担なく心地よく過ごせる環境をまず整えることが後から出てくる問題を軽減することにつながっていきます。