私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

若い人の介護

介護保険制度の加入は、今、日本では40歳からとなっています。

しかし、一般的に介護認定の申請ができるのは、65歳以上の第一号被保険者になります。

 

つまりは、40歳~64歳という第二号被保険者は、理由なくては介護保険が利用しにくい制度になっています。

 

40歳~64歳と言っても、交通事故や病気の発症などがあり、どうしても人の手を借りないと生活できない環境になることがあります。

 

そういった介護が必要になった第2被保険者の人たちは、どういったサービスを利用することができるのでしょうか。

 

基本、40歳~64歳であっても特定疾病であれば、介護保険を利用することが可能です。

 

16種類の特定疾病がありますが、リウマチや末期がんなどが対象になっています。

第1被保険者の方と同じように要介護認定を受ける事ができ、介護認定の結果で、介護サービスの利用ができます。

 

もし、特定疾病でない場合には、障害福祉サービスというサービスの利用にシフトしていきます。

 

障害福祉サービスとは、現在、障碍者総合支援法があり、その中で身体障害や知的障害、精神障害など障害の種類には関係ないところで、サービスが利用できる仕組みがあります。

介護サービスと似たサービスを受ける事ができますが、介護と障害の施設は異なることが多いです。「自立支援給付」と「地域生活支援」の二つに大きく分けられます。

 

自立支援給付はヘルパーやショートステイなどの介護と、自立した生活や社会復帰のための訓練があります。

もし障害福祉サービスを受けるためには、市区町村での窓口に申請してからになります。

それによって支給決定の通知を受け、サービスを利用できるようになるのです。

 

いずれにしろ、これからの介護と障害福祉を考える上で、これらが年齢という被保険者で分けられていることがこれからもっと進歩していく事をのぞみます。