私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

在宅介護の限界

介護は大変だけど、最期まで介護をして看取りたい、という気持ちで介護している人も多いでしょう。

また、金銭的な問題で在宅介護の選択しかできないという方もいるかもしれません。

 

家族による在宅介護は、家族の組み合わせによって違ってくるので、100人いれば100通りの介護の形があります。どんなに要介護認定が重くても、家族のサポート体制がしっかりあると、長い介護もそこまで大変に思わない場合もあります。しかし一人でそばにずっといなければならないといった場合、要支援であっても大変と思う環境の人もいるからです。

 

自立していない方の介護をする場合には、排せつやお風呂のケアをしていて腰を痛めてしまった、夜におむつ替えに何回も起きる、同じ話を何度も聞き精神的に疲れてしまったなどいろいろな事で介護の限界を感じています。

毎日新聞が行った在宅介護者のアンケートでは、約7割の介護者が精神的にも肉体的にも限界を感じているとあります。

生活自体が介護となると、月日が長ければ長いほど、限界は多く感じるはずです。

 

そして多くの介護者が、手を抜くことや施設などに預ける事を罪悪感に感じ、なかなか弱音を吐く事や相談に来る事が少ないそうです。

 

介護の限界は、それぞれによって違うので、もし体調がすぐれなかった時、眠れなくなった時があれば、まずケアマネージャーに相談してみるのが一つです。

介護される本人を含めず話を聞いてくれます。

その後、ケアマネージャーにケアプランの見直しもお願いしてみましょう。

 

その中には施設に入れるという選択肢も出てくるかもしれません。

もしそうなった場合には、納得のいく施設を自分で選んでおくと後悔がありません。

 

利用者と家族介護者が納得し、介護をしやすい環境を作ることが、介護の限界を作らないことにつながることになります。

ストレスや負担を減らす事を対策していくように介護サービスは大きく利用すべきだと思います。