私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

介護における問題「老老介護」って?

今、日本の介護業界では問題なっている、老老介護って聞いたことがありますか?

 

老老介護とは、65歳以上の高齢者が65歳以上の高齢者を介護することを言います。

 

例えば、夫婦で介護をしている、高齢の兄弟での介護、そして高齢の子供がさらに親や身内の介護をすることです。

 

老老介護が多くなった原因としては、医療の進歩が著しく、寿命が延びたことです。

それは喜ばしいことでもあり、家族としてもうれしいことではあります。

 

しかしそういったことで、夫婦共に高齢であること。高齢の親をみる立場になる子供も高齢といった家庭内の図ができてきてしまったのです。

 

高齢と言っても、元気な人も多いのでそういった年齢に見えない人も多いですが、介護を続けて行くのには辛い年齢にもなってきています。

 

できれば、介護する側の立場に長くいないように、親も夫婦でも兄弟でも元気でいてくれるのが理想ですが、現実、健康でいれる年齢も個人差があるので、平均寿命があがればあがるほど、健康での寿命や介護を受ける立ち場になるのも、それひとそれぞれです。

 

どちらにしても高齢者がする介護は大変です。

 

うまく自治体や介護保険を使って、少しでも楽な日常を送れるように改善していけることが問題解決の糸口になってくれればと願います。