私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

介護サービスの種類

介護サービスには大きく分けて「施設サービス」と「居宅サービス」の2種類があります。

 

その名の通りですが、施設サービスは施設に入って受けることのできる介護サービスです。

 

居宅サービスとは、家にいながら受けることができるサービスのことを言います。

 

施設サービスには特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホーム等)があります。

 

ここ最近で聞く、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、シニア向け分譲マンションなどは、家とみなされるので、居宅サービスに入ります。

 

施設サービスには、病院のように小部屋になっていて、それぞれの方に合わせた介護サービスを提供してくれます。

 

ケアマネージャー、ヘルパー、看護師など、介護のエキスパートが診てくれて安心です。

 

主に施設サービスを利用する人は、介護の重い人になります。

 

自分のことが自分でできない、となった場合に、入居を考えることができます。

 

居宅サービスは、家にいながら介護サービスを受けられます。

 

ケアマネージャーが家に来てくれて介護サービスの相談にのってくれ、ヘルパーに身の回りの世話を任せることもできます。

 

デイサービスなどの通う介護サービスの利用している人も居宅サービスになります。

 

 

それぞれの要介護認定や、症状、介護の状態によって、自治体やケアマネージャーに相談し、その人に合った介護サービスを受けれるようにすることが、介護される側にもっとも必要なことです。

 

 

施設サービス、居宅サービスの細かい内容はまた。