私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

ケアマネージャーをお願いする

要介護認定が決まると、次はケアマネージャーをお願いすることになります。

 

絶対にケアマネージャーのお願いはした方がいいです。

 

介護サービスを受けるにあたって大切になってきます。 

 

ケアマネージャーは、護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成、サービス事業者との調整を行う、介護保険に関するスペシャリストです。

 

まずは、ケアマネージャーをお願いするところから始めます。

 

ケアマネージャーは、まず地域の福祉課や地域相談に行くと、近くの事業所を紹介してくれます。

 

その事業所に連絡をとると、ケアマネージャーの紹介をしてくれます。

 

ケアマネージャーさんは介護の勉強をした人であるので、いろいろな相談を聞いてくれます。

 

いいケアマネージャーを紹介してほしいとありますが、ケアマネージャーも人であり、相性もあります。

 

もし合わない場合は変わってもらえますし、事業所自体も変えることができるので、まずは事業所に連絡を取ることから始めることしかありません。

 

ケアマネージャーは、毎月一回訪問日があり、ケアプランなどの確認をしてくれます。

 

要介護認定でどれくらいのサービスをどれくらいの費用で受けられるのか相談に乗ってくれます。

 

介護サービスとの懸け橋にもなってくれます。

 

これは訪問看護の話になりますが、もし施設に入る場合には、施設にケアマネージャーがいますので、そこでその人に合った介護プランを相談することができます。