私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

要介護認定を受けるには

介護サービスを受けるのには、申し込むだけでは受ける事ができません。

 

まず「要介護認定」を受ける事になります。

 

要介護認定とは…

介護利用者の人が、どれくらいの介護がどの程度必要になってくるのか、というのを判断します。

 

介護サービスもピンからキリまであって、自分で自分のことができる人は、介護が必要ではありませんが、自分のことができない人とは、サービス内容も変わってきます。

 

介護サービスを利用するためでの、判断材料になってきます。

 

要介護認定は「要介護」と「要支援」の二つに分かれます。

 

介護がつくのと支援では、サービス内容や金額も変わってくるので、

このはざまは大事になってきます。

 

よく「要介護3の母を診ています。」という会話を聞いたことはありませんか?

 

要介護は5段階あり、数字が上がるにつれて、介護の中でも重いものになります。

要支援は2段階です。同じく要支援2の人の方が軽い支援になります。

 

要介護を受けるのには、自分の親が住んでいる市区町村の窓口で、要介護認定の申請をします。

 

市役所から、「〇日に介護認定に行かせていただきますが、よろしいですか?」と連絡が来て、まずは本人との面談になります。家族との面談もあります。

 

そして、主治医の意見書ももらって、審議した結果、要介護認定の結果が通知されます。

 

ここまでに2ヵ月くらいかかり、申請してからすぐに介護サービスを受けれないことを知るわけですが…。

 

でも介護サービスを利用しない手はありません。

本人にとっても、家族にとっても…です。