私たとは住宅生活を全力で支援します!

 · 

介護の相談へ

介護のことがまったく無知識な私は、まず相談に行くことにしました。

どこに相談していいのかわからないので、ネットで検索しまくり…。

 

難病指定されたとは言え、今の段階でどれくらいの介護サービスを利用できるのかは、

相談してみないとわかりません。そもそも介護サービスを受けられるのか…。

 

そして、どんな介護サービスを受けられるのかも、無知識でしたので、

まずは介護保険の相談に行くことにしました。

 

最初に市役所の「高齢者福祉課」に相談することから。

 

住民票や税金のことでは来たことがあるけど、

市役所の中で初めての課にとまどいつつも無事到着しました。

 

いかにも市役所の職員、って人が対応してくれて、

いろいろ話を聞いてくれました。

 

今は若く病気などで介護が必要になる人が多いということ。

介護する側が毎日看ることで倒れてしまうこともありますよ、って。

 

だから利用できるサービスは大いに使った方がと話ししてもらいました。

なんだか、自分が持っていた「介護」へのイメージが全然違った気がします。

 

介護される側だけのサービスかと思ったら、その家族のためにもある

介護サービスなのかもしれません。

 

まずは、「要介護認定」の手続きをすることから始めることにしました。

要介護認定についてはまた続きの話で。