私たとは住宅生活を全力で支援します!

あったかホーム相談支援事業所

 〒274-0805

住所:千葉県船橋市二和東6-43-22福田ビル202

運営法人:株式会社SOIN(ソワン) 

 

TEL:047-401-9299

fax:047-401-1409  

事業所番号:1232800332 

サービスの種類:特定相談支援(18歳以上~対応可能)

営業日:月曜日~金曜日(年末年始・祝日を除く)

営業時間:8時30分~17時30分

 現在8名の相談支援員が在籍中!

お気軽にご相談ください!

相談支援とは

(1)サービス利用支援

障害者サービス等の申請に係る支給決定前に、サービス等利用計画案を作成し、支給決定後に、サービス事業者等との連絡調整等を行うとともに、サービス等利用計画の作成を行います。

 

(2)継続サービス利用支援

支給決定されたサービス等の利用状況の検証(モニタリング)を行い、サービス事業者等との連絡調整などを行います。

 

利用の手続き

(1)サービスの利用を希望する方は、市町村の窓口に申請し障害程度区分について認定を受けます。ただし、「訓練等給付」のみを希望する場合は、障害程度区分の認定を受ける必要はありません。

 

(2)市町村は、サービスの利用申請をした方(利用者)に、「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」の提出を求めます。

 

(3)利用者は、「サービス等利用計画案を「指定特定相談支援事業者」で作成し、市町村に提出します。

 

(4)市町村は、提出された計画案や勘案すべき事項を踏まえ、支給決定します。

 

「指定特定相談支援事業者」は、支給決定された後にサービス担当者会議を開催し、サービス事業者等との連絡調整を行い、実際に利用する「サービス等利用計画」を作成します。その後、サービス利用が開始されます。

 

なお、自ら「サービス等利用計画案」を作成できる者は、その計画案(「セルフケアプラン」)を提出することもできます。

 

同行援護の利用申請の場合は、さらに同行援護アセスメント票によるアセスメントを行います。

ただし、身体介護を伴わない場合は、心身の状況に関する106項目のアセスメント、障害程度区分の一次判定、二次判定(審査会)及び障害程度区分の認定は行わないものとします。

 

 

障害者区分とは

障害支援区分とは、障害者に対する介護給付の必要度を表す6段階の区分(区分1~6:区分6の方が必要度が高い)です。介護給付の必要度に応じて適切なサービス利用ができるよう、導入されました。障害者の特性を踏まえた判定が行われるよう、介護保険の要介護認定調査項目(79項目)に、調理や買い物ができるかどうかなどのIADLに関する項目(7項目)、多動やこだわりなど行動障害に関する項目(9項目)、話がまとまらないなど精神面に関する項目(11項目)の計27項目を加えた106項目の調査を行い、市町村審査会での総合的な判定を踏まえて市町村が認定します。